自分に負けたくない男のFX日記

FXに関する考えを思いつくがままつづっています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

バイナリー

どうも、こんばんわ僕です。

最近はやりのバイナリーについていろいろ調べてみたのですが、若干業者によって取引内容が違ったり、とんでもない勝率の商材が出回っていたりと、まだ未開拓ゾーンな匂いがします。

デモトレードで、資金50万でとりあえず一〇〇回取引したところ、(デモということもあり)勝率は56%で常に5万賭け、トータル64万のプラスになりました。

もちろん、これが実践で発揮できるとは思いませんが、少ない資金で効率よく増やすにはよいかもしれません。

また、FXとは違い、10分後の予測になりますので、いままでFXでやってきたスキルをそのまま活用できます。

これは一つありかもしれませんので、さらに少額でやってみたいと思います。

もしかしたら、バイナリー日記に変わっているかもしれませんが、お許しください。。

向き、不向きがあると思いますが、バイナリー始めてみます。


もし、よろしければ、ポチッと↓押していただけると、幸いです。


為替・FX ブログランキングへ
スポンサーサイト
バイナリー | コメント:1 | トラックバック:1 |

シンプル

どうも、僕です。

ここ数ヶ月、僕は初心者に陥りがちと言われる手法探しの旅にずっとでておりました。

有効なインジケータは何か?

聖杯に近い手法はなにか?

いろいろな手法を試しては、変えて、そんなことに力を注ぎ続けてきました。

そして、わかってきました。

聖杯はない!

どんなに探しても、それは他人のトレード概念であり、絶対勝てるわけではない。

考えとして、負けない手法を探し続けていました。

そもそも、負けてもいいという考えにかわりました。

負け=損切り(最小想定損失)これは勝つための負けです。

勝率よりも収益の最大化

そうすると何をすればいいかというと、ひたすらチャートを見る。

純粋になぜこのような動きになったのかを考える。

そのためには、チャートパターンを知る必要があるので、チャートパターンの勉強

取引する前の準備にこそ時間をかけるべきであり、アリもしない手法を探すことに時間をかけても意味がないことにやっと気づく。。。

それを教えてくれたのは、あるブログの記事を読んで、いわゆる「かならず儲かる!月に○○円」のような手法の本を読むのではなく、チャートについての本、トレードに関する本、心理や考え方について、このような本を読んだからだ。


しかし、まだ闇から抜けたわけではない。


ここからが本当のはじまりだと思う。

自分に負けない、誇れる自分になりた。
逃げたくない。
中途半端にしたくない。


もし、よろしければ、ポチッと↓押していただけると、幸いです。


為替・FX ブログランキングへ
考え方 | コメント:1 | トラックバック:1 |

暗闇

どうも、僕です。

先月からずっと暗闇をさまよっております。

出口がみえたと思いきや、また真っ暗闇・・・。

FXってなんなんだろう、勝つにはどうしたらいいのだろう?

何が問題なのだ?

手法?

考え方?

利食い?

全くわからなくなり、イライラしていました。

しかし、何がいけないか分析し、手順を明確にし、日々少しづつ改善していきました。

まだ、暗闇から脱出できてませんが、かなり強い光がさしてきました!!

手法もルールも考え方もFXをやり始めたときとは、全く変わりました。

これから、着実に成果を残していけるよう取り組んでいきます。
考え方 | コメント:0 | トラックバック:0 |

欲望

一日の流れを見て、売り、買いどちらにエントリーするのが高確率トレードになるか、それをしっかりと見極め、確実に実行していくことが大事。

下りのエスカレーターを逆走しても意味ない。

下りのときは、素直に下りのエスカレーターに乗るほうが早いのだ。

今日の反省は、一時的に戻したり、急落追っかけをしたこと。

必ず、自分のルールを守る、新たに付け加えていく。

今日付け加えることは、自分のトレードサインが出るまで、参加しない。

上げ下げ飛びつき相場に入らない。

虎視眈々と本物のチャンスを伺う、来た時には素直に入る。

まだまだまだまだだ。

しかし、わずかずつではあるが、自分の中に、ルールや経験が蓄積されてきたような。

だが、決して傲慢にならず、ルール死守。

気を抜けば一瞬にして、死ぬな、いや、死ぬね!!!
考え方 | コメント:0 | トラックバック:0 |

今日はいままでいろいろな手法を考え実践した考えをまとめておく。

入り方がはすごくよかったのだが、ストップを近くに置きすぎてひっかかり、120pipsほど逃す。

ということは、逆に手法としては間違いではないということだ。

ストップは25pipにする。

近くに置きすぎない。

これは、損をしたくないというしょうもないビビリな気持ちから起きた間違い。

損が怖いなら枚数を減らせばよい

小さな損を恐れ、大きな利益を逃した日となった。

こんな日こそ大事で自分の気持ち、リベンジ心からのミストレードをしないように制御する。

そのためにもブログに記しておこう





自分の心、精神、欲との戦い
取り戻したい
もっと伸ばしたい
損したくない

そんな感情を排除して、サインが出たらエントリー、損切り、決済するのみ

それを確実に第三者的に繰り返していく

そんなつよいトレーダーになる
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。